スヌーピーがなぜピーナッツという名前?由来を知っていますか? | アクティブなライフスタイルにぴったりの遊び心が詰まったトレンド情報!

スヌーピーがなぜピーナッツという名前?由来を知っていますか?

プロモーションを含みます

雑学
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

今回は、世界中で愛されているキャラクター「スヌーピー」について、その名前の由来を探ってみました。

スヌーピーは、アメリカの漫画家チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から2000年まで50年間にわたって描いた4コマ漫画、アメリカの人気コミックストリップ(漫画作品が新聞の一部として配信される形式を指す)です。

主人公はチャーリー・ブラウンという少年で、彼の友人や家族、そして飼い犬のスヌーピー(白いビーグル犬で名前がスパイク)との日常を描いています。

スヌーピーと言えば、世界中で愛されているキュートな犬のキャラクターですが、実は彼には深い秘密があります。

それは、なぜ彼が「ピーナッツ」という名前で呼ばれているのかということです。

この疑問に答えるために、スヌーピーの誕生から現在までの歴史を追ってみましょう。

スポンサーリンク

スヌーピーはなぜピーナッツ?驚きの由来を徹底解説!

まず、スヌーピーが登場する漫画のタイトルが『ピーナッツ』ですが、『ピーナッツ』は、アメリカの漫画家チャールズ・モンロー・シュルツが描き続けた4コマ漫画です。この漫画は世界中で人気を博し、アニメや映画、グッズなど様々なメディアで展開されました。

では、この漫画のタイトルが『ピーナッツ』の由来は何なのでしょうか。実は、これは作者シュルツ自身が決めたものではありません。彼が最初に考えていたタイトルは『リル・フォークス』(小さな人々)というタイトルでしたが、すでに同じ名前の漫画が存在していたため出版社は却下しました。

そこで、当時契約していた出版社が勝手に「ピーナッツ」というタイトルをつけたのです。これは、当時人気だったラジオ番組『パウ・リバーズ・ショー』に登場する子供たちのニックネームから取ったものでした。

このタイトルには、「つまらないもの」「取るに足らないもの」という意味があります。

シュルツはこのタイトルに不満を持っており、後に「良い友チャーリーブラウン」や「チャーリーブラウン」というタイトルに変えようとしましたが、すでに『ピーナッツ』という名前が定着してしまっていたため断念しました。

つまり、スヌーピーが「ピーナッツ」と呼ばれるのは、彼が登場する漫画のタイトルだからということです。しかし、このタイトルは作者が望んだものではなく、彼や他のキャラクターたちを侮辱するような意味を持っています。

そのため、作者は生涯この名前を嫌っていました。「私はピーナッツを食べませんし、私のキャラクターもピーナッツを食べません」と語っています。これはとても残念なことですね。

スヌーピーとピーナッツの関係性とは?

スヌーピーとピーナッツの関係性と言えば、まず思い浮かぶのは、スヌーピーとチャーリー・ブラウンの友情ですよね。

スヌーピーはチャーリー・ブラウンの飼い犬ですが、彼はただの犬ではありません。スヌーピーは自分の想像力で様々な冒険を繰り広げたり、人間の言葉を理解したり、自分の小屋に書斎やプールを持ったりしています。

スヌーピーが初めて登場したのは、『ピーナッツ』の連載が始まってから3日後のことです。最初は名前もなく、主人公のチャーリー・ブラウンの飼い犬として描かれていました。

その後、スヌーピーは徐々に人気キャラクターになり、独自の個性や想像力を発揮するようになりました。

例えば、チャーリー・ブラウンの家の屋根の上で寝たり、空想にふけったりするのが大好きです。

彼は、自分が第一次世界大戦の飛行士だったり、小説家だったり、弁護士だったりすると想像して、様々な冒険を楽しみます。

スヌーピーは、言葉を話すことはできませんが、感情豊かな表情やしぐさでコミュニケーションをとります。また、彼は他の動物たちと話すことができます。特に、彼の親友である小鳥のウッドストックとは仲良くします。

スヌーピーはチャーリー・ブラウンに対して忠誠心や愛情を示すこともありますが、時にはからかったり、無視したり、反抗したりすることもあります。しかし、それでも二人は切っても切れない仲なのです。

では、シュルツさんはスヌーピーとチャーリー・ブラウンの関係性をこのように描いた由来は何だったのでしょうか?

実は、シュルツさん自身がチャーリー・ブラウンに似ていると言われていることから来ています。

スヌーピーとピーナッツは、世界中で愛されているコミックストリップですが、実はシュルツさんが自分の人生や感情を反映させた作品なのです。

シュルツさんは幼少期から内気で引っ込み思案で、学校ではいじめられたり孤立したりすることが多かったそうです。また、恋愛や結婚にも不幸が多く、自信や幸せを感じることができなかったそうです。

そんなシュルツさんにとって、スヌーピーは自分が持ちたかった自由で楽しくて勇敢な性格を表現したキャラクターだったのです。スヌーピーはシュルツさんの分身でもあり、理想でもあったのです。

作者シュルツの思いを知ろう!

スヌーピーとチャーリー・ブラウンの関係性だけでなく、他のピーナッツのキャラクターもシュルツさんの人生や感情を反映しています。

例えば、チャーリー・ブラウンが片想いしている赤毛の女の子は、シュルツさんが若い頃に好きだった女性を元にしています。

また、リナスが持っている毛布は、シュルツさんが子供の頃に愛着を持っていた毛布をイメージしています。

さらに、ルーシーがチャーリー・ブラウンに対して暴力的で嫌味な態度をとるのは、シュルツさんの元妻が彼に対して冷たく接していたことを表しています。

ピーナッツのキャラクターは、シュルツさんの喜びや悲しみや怒りや恐れや希望や夢を表現したものなのです。

スヌーピーとピーナッツは、シュルツさんが自分の人生や感情をコミカルに描いた作品ですが、それゆえに多くの人々に共感や感動を与えました。

スヌーピーとピーナッツは、シュルツさんの思いを知ることで、より深く楽しむことができる作品なのです。スヌーピーとピーナッツのファンの皆さん、ぜひシュルツさんの思いを感じてみてくださいね!

漫画『ピーナッツ』の歴史を振り返る

漫画『ピーナッツ』は、50年間にわたって連載され、約18,000回の作品が生み出されました。

この作品は、多くの賞を受賞し、テレビや映画や舞台などにもなりました。また、スヌーピーはNASAのマスコットにも選ばれ、宇宙飛行士たちと一緒に宇宙に行ったこともあります。

スヌーピーは、世界中で愛されるキャラクターとなりました。漫画『ピーナッツ』は、作者の死後も人気が衰えず、今でも新しいファンを増やしています。

スヌーピーは、私たちに笑いや感動や勇気を与えてくれる素晴らしい友達です。スヌーピーがピーナッツと呼ばれることは、彼が私たちの心に根付いていることの証です。スヌーピーは、私たちの一部なのです。

漫画『ピーナッツ』の誕生から終了までの軌跡

漫画『ピーナッツ』は、1950年10月2日にアメリカの7紙で連載が始まりました。。最初はあまり注目されませんでしたが、徐々に人気が高まりました。

特に1960年代以降はテレビや映画などのメディア展開も行われ、世界的な現象になりました。スヌーピーグッズも多数販売され、多くのファンを獲得しました。

また、漫画『ピーナッツ』は社会的な問題にも触れていました。例えば、1968年にはアフリカ系アメリカ人の少年フランクリンが登場し、人種差別に対するメッセージを発信しました。

また、1970年にはチャーリー・ブラウンの妹サリーが環境保護に関心を示しました。さらに、1979年にはスヌーピーの兄弟スパイクが登場し、ホームレスの問題にも言及しました。

漫画『ピーナッツ』は、作者のシュルツが亡くなる直前の2000年2月13日に連載を終了しました。

シュルツは1999年11月に大腸癌と診断され、手術や化学療法を受けましたが、回復することはありませんでした。

シュルツは自分の死を覚悟し、最後のストリップを描き上げました。そのストリップでは、チャーリー・ブラウンやスヌーピーなどのキャラクターたちがシュルツに感謝の言葉を述べています。

シュルツはそのストリップを描いた後、「これで終わりだ」と言って涙を流したというエピソードがあります。

シュルツは2000年2月12日に亡くなりました。翌日、最後のストリップが掲載されました。漫画『ピーナッツ』は、50年間で約18,000本のストリップを生み出し、75カ国で2億6000万人の読者を魅了しました。

作者シュルツの夢と現実

「ピーナッツ」の作者であるチャールズ・シュルツは、1922年にアメリカのミネソタ州に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、高校卒業後にコレスポンデンススクールで漫画を学びました。

1943年に第二次世界大戦に従軍しましたが、戦闘に参加することはありませんでした。

1945年に除隊後に結婚しました。1947年から地元紙に「リル・フォークス」という4コマ漫画を連載しましたが、1950年に「ピーナッツ」と改題して全国紙に進出しました。以後、50年間にわたって毎日「ピーナッツ」を描き続けました。そして、2000年2月12日に亡くなりました。

シュルツは、「ピーナッツ」のキャラクターたちに自分や周囲の人々の性格や経験を反映させました。例えば、チャーリー・ブラウンはシュルツ自身の不安や劣等感を表しています。また、スヌーピーはシュルツが子供の頃に飼っていた犬「スパイク」がモデルです。

シュルツは、「スパイク」が屋根の上で寝ている姿を見て感動したことがあると語っています。また、「スパイク」は飛行機が好きで、空を見上げていることが多かったそうです。これらのエピソードがスヌーピーのキャラクター形成に影響したと考えられます。

しかし、スヌーピーはシュルツ自身の夢や願望も表しています。シュルツは、自分が飛行士になりたかったということを明かしています。

彼は、第二次世界大戦に従軍したときにパイロットの訓練を受けましたが、戦闘に参加する前に終戦を迎えました。そのため、彼はスヌーピーに自分の未練を託して、空想の飛行士として活躍させました。

また、シュルツは小説家にも憧れていました。彼は、「ピーナッツ」の中でスヌーピーが小説を書くシーンをよく描きましたが、その小説の冒頭は「暗く嵐の夜だった」という有名なフレーズです。これは、シュルツが子供の頃に読んだ本の影響だと言われています。

スヌーピーは、シュルツの夢と現実の狭間に存在するキャラクターです。彼は、シュルツが愛した犬であり、シュルツがなりたかった人物でもあります。スヌーピーは、シュルツの心の中に生き続けるでしょう。そして、私たちもスヌーピーと一緒に夢を見ることができます。

漫画『ピーナッツ』の日本でのタイトルは?

『ピーナッツ』は、1960年代から1970年代にかけて世界中に広まりました。日本でも、1969年から1970年にかけてテレビアニメとして放送されました。

しかし、日本では『ピーナッツ』というタイトルは使われませんでした。なぜなら、日本人にとってピーナッツという言葉はあまり馴染みがなく、また漫画の内容とも関係がないと感じられたからです。

そこで、日本ではスヌーピーという名前をタイトルに採用しました。スヌーピーは、日本人にも親しみやすく、かわいらしいイメージを持っていました。

また、スヌーピーが主役のエピソードが多かったことも影響したでしょう。日本では『スヌーピー』というタイトルが定着しました。

『ピーナッツ』は、作者のシュルツが2000年に亡くなるまで50年間連載されました。その間に、数々のアニメや映画、グッズなどが作られました。今でも世界中で愛され続けています。

スヌーピーは、人間の心の奥底にある感情や思いを表現することができるキャラクターです。笑いや涙、夢や希望、友情や愛情など、スヌーピーは私たちに様々なメッセージを伝えてくれます。『ピーナッツ』は、タイトルに関係なく、永遠の名作です。

作者シュルツの苦悩と希望

実は、実は作者のシュルツさんにとっては、苦悩と希望の物語でもあったのです。

シュルツさんは、幼少期から漫画家になることを夢見ていましたが、その道は決して平坦ではありませんでした。

彼は、学校で成績が悪くて落ちこぼれてしまったり、第二次世界大戦で兵士として従軍したり、恋人に裏切られたり、妻と離婚したりという辛い経験をしてきました。

また、彼は自分に対する自信がなくて常に不安や孤独を感じていました。

そんな彼が唯一心の支えだったのが、漫画を描くことでした。

彼は、「スヌーピーとピーナッツ」の中で、自分の感情や思考や願望を表現しました。

例えば、チャーリー・ブラウンは、シュルツさん自身の分身です。チャーリー・ブラウンは、失敗ばかりする不幸な少年ですが、それでも前向きに生きようとします。

「私は何もできない」と言いますが、「でもあきらめない」とも言います。

「誰も私を好きではない」と言いますが、「でも友達が欲しい」とも言います。

「私は一人ぼっちだ」と言いますが、「でも愛されたい」とも言います。

シュルツさんは、チャーリー・ブラウンを通して、自分の苦悩と希望を伝えました。

そして、彼はスヌーピーという犬を通して、自分の夢や冒険やファンタジーを描きました。

漫画『ピーナッツ』の登場人物や秘話

チャーリー・ブラウンについて

スヌーピーの飼い主であり、主人公です。チャーリー・ブラウンは、シュルツ自身の分身と言われています。彼は常に失敗や挫折に直面し、自信がありません。しかし、それでも前向きに生きようと努力します。チャーリー・ブラウンは、「グッドグリーフ」という言葉をよく使います。これは、「なんてこった」という意味ですが、シュルツはこれを自分の父親がよく言っていたことから取り入れました。

ルーシーについて

チャーリー・ブラウンの隣人であり、彼の恋敵です。ルーシーは、自分勝手でわがままな性格です。彼女は、自分の意見を押し付けたり、他人をからかったりします。特に、チャーリー・ブラウンに対しては、いつも彼の野球チームを批判したり、彼が蹴ろうとするサッカーボールを引っ張ったりします。ルーシーは、シュルツの妻の妹に似ていると言われています。

ライナス

ルーシーの弟であり、チャーリー・ブラウンの親友です。ライナスは、知性と哲学性を持っています。彼は、いつも毛布を持ち歩いています。これは、彼の安心感の源です。ライナスは、シュルツの息子に似ていると言われています。

ウッドストック

スヌーピーの親友であり、小さな黄色い鳥です。ウッドストックは、スヌーピーと同じように想像力豊かで冒険好きです。彼は、スヌーピーと一緒に空を飛んだり、キャンプに行ったりします。ウッドストックは、1969年に開催された音楽祭「ウッドストック」にちなんで名付けられました。

ペパーミント・パティ

チャーリー・ブラウンのクラスメートであり、彼に好意を持っています。ペパーミント・パティは、活発でスポーツが得意な女の子です。彼女は、チャーリー・ブラウンを「チャック」と呼びます。ペパーミント・パティは、シュルツの友人の娘に似ていると言われています。

【秘話】自分の飼っていた犬のスパイクは野良犬だった!

シュルツは、子供の頃から犬が大好きで、自分の飼っていた犬のスパイクをモデルにして描き始めました。

しかし、スパイクは野良犬で、シュルツの家族にはあまり好かれていませんでした。そこで、シュルツはスパイクをもっと可愛くして、白いビーグル犬に変えたのです。そして、その犬にスヌーピーという名前を付けました。

スパイクは、ビーグル犬とポインター犬の雑種で、スヌーピーと似ていました。シュルツさんは、スパイクを漫画に登場させようと思っていましたが、その名前がすでに他のキャラクターに使われていたことに気づきました。

そこで、彼は自分の母親から聞いた話を思い出しました。母親は、第二次世界大戦中に兵士だったシュルツさんの兄弟が、戦地で出会った犬をスヌーピーと名付けたと言っていました。シュルツさんは、その名前が気に入って、自分の漫画の犬に使うことにしました。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、スヌーピーの名前の由来について調べてみました。

スヌーピーは、作者のチャールズ・シュルツさんが子供の頃に飼っていた犬の名前と、戦地で出会った犬の名前を組み合わせたものです。

また、漫画のタイトルは「ピーナッツ」となりましたが、これは出版社が勝手につけたもので、作者は嫌っていました。

スヌーピーは、世界中に愛されるキャラクターになりましたが、その名前にはこんな秘話があったんですね。スヌーピーのファンの皆さんは、ぜひ覚えておいてくださいね。ではでは。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました